Q&A_No.3_改良発明に関するライセンサーへのグラントバック及びアサインバック

Q.

ライセンシーとの間で特許ライセンス契約を締結するに際し、ライセンシーが目的となる発明を改良し、ライセンシーにその改良した発明に関する権利を取得した場合に備え、ライセンサーは、どのような対策をしておくべきですか?

 

A.

この場合、ライセンサーに対し、改良した発明について、非独占的な通常実施権を許諾してもらうこと(グラントバック)及び相当な対価を支払って権利を取得すること(アサインバック)が考えられます。